スタッフインタビュー

札幌地区セールスアソシエイト

Tanimoto Kazuya

挑戦することで見つけた新しい自分。
ゼネラリストからスペシャリストへ。

札幌地区セールスアソシエイト Tanimoto Kazuya

新しい自分との出会い

私は販売の仕事を始めるまで、接客・販売業は自分には向いていないと決めつけていました。しかし洋服の販売には以前から興味があり、どうしても一度経験したいと思い、失敗を覚悟で挑戦してみました。
現在では過去に経験してきたどの職種よりもやりがいを感じる仕事となっています。

札幌地区セールスアソシエイト Tanimoto Kazuya

理想へチャレンジする会社

Takeofferと他の企業との違いを感じる点は、企業理念にある従業員満足の追求です。
働いていく上で企業に対する不満や不信感は少なからず感じると思います。しかしTakeofferはそんなことを一切感じさせない企業です。
「One for All・All for One」という言葉があります。
「一人は皆の為に、皆は一人の為に」すごく簡単なようで意外と難しいですよね。Takeofferはそれをスタンダードで出来る企業です。

札幌のビジネスパーソンのレベルを上げる

Takeofferは、役職・立場関係なく様々な事に挑戦させてくれる会社です。私が勤めている店舗では、スタッフ全員で新しい販促施策を練り実行、日々の売上進捗を全員で話し合い、アクションを起こしています。
接客をしている時間以上に、販売計画を練っています。Takeofferは、アパレル販売員の集団ではなく、洋服を扱うビジネスマンの集団です。私はTakeofferに入社してから、自分の未来への不安がなくなりました。それはきっと、アパレル販売員であると共に、ビジネスマンになったからかも知れません。

ゼネラリストとして「自分らしく」ありたい

私は以前、ただ漠然と店長になりたいと考えていました。それはきっと、店長になる=成長だと思っていたからです。ある時それは間違いだった事に気が付きました。その間違いとは、「自分らしくない」という事です。
私は誰かを引っ張っていく事よりも、誰かを引っ張っている人を支えていく方が自分らしいと感じました。
その頃から私は、店長を目指すのではなく、最高のNo.2となり上司や他のスタッフを支えていきたいと思うようになりました。その為には、自身を磨きスペシャリストとしてスキルアップしていく事はもちろん、上司を支えていく為ゼネラリストとして教養を身に付けていく事が、今後の課題であり目標です。

Takeofferへ応募しようと考えている皆さんへ

Takeofferは、やりがいのある仕事が沢山あります。ただ、何にやりがいを感じるか、何にやりがいを見出すかは自分自身で見つけなければなりません。
自分自身で見つけたやりがいを全力でサポートしてくれるのがTakeofferです。一緒にやりがいと目標に向かって頑張りましょう!

その他のスタッフインタビュー