沖縄販売代行、運営店舗沖縄販売代行、運営店舗NO.1の実績No.1の実績

沖縄エリアで私たちにご依頼いただくメリット

販売実績No.1のノウハウをご提供します

沖縄アウトレットモールあしびなー内における販売代行実績がNo.1です(2015年1月時点)。 創業2年でこの実績となった理由は常に結果を出し続けてきた証明でもあります。

スタッフ確保に自信があります

現地在住の基盤人材を確保しているため、媒体を経由しない独自の集客チャネルを確保しており、ラグジュアリーブランドなどでの経験がある販売スタッフを確保します。
会社理念や目的を理解した人材が人材を採用するため、モチベーション高く、理念に共感した人材の採用が可能になり、定着率の高さに繋がっています。
また、就業条件も他社と比較して好条件であるため、外的内的インセンティブが整っていることも大きな要因といえます。

従業員専用駐車場完備

電車の無い沖縄エリアではほとんどの従業員が車通勤です。
そこで弊社では従業員専用駐車場を完備し、他社の従業員の利用している共有駐車場(職場まで徒歩15分)よりも近い場所に独自に駐車場を用意(職場まで徒歩3分)し、少しでもお客様と従業員の時間を増やすために工夫を行っています。

従業員駐車場完備

沖縄エリアでの販売代行成功のポイント

ブランド・メーカー企業様のパートナーとして販売代行を成功させるために欠かせないポイントをまとめました。弊社がサービスを提供する際に必ず意識するポイントです。

質のいい人材の確保

以前の沖縄では時給を上げて求人を出せばいつでも人材は集まってきましたが、現在は大きく変化しています。
観光業が大きなウエイトを占める沖縄の市場ではホテル業を中心に国内外の大手企業が参入してきました。
接客というキーワードにおいては同様の人材市場から採用を目指すため、外的インセンティブである給与条件だけでは無く、会社の理念や労働環境なども大きく求められるようになりました。内的インセンティブも重要な要素となっているといえます。

現地在住の販売責任者の有無

結や催合といった文化の残る沖縄では、共同意識による横の繋がりが重要です。そのために常に現地でスタッフのケアの出来る責任者を配置できるかどうかも重要です。また台風などイレギュラーで閉館になる場合や、沖縄では社会問題となっている車通勤の弊害である渋滞など、現地で適切な判断が求められるシーンが多く、遠方よりハンドリングを単独で行うことを難しくしています。

沖縄のお客様の特徴/販売動向

インバウンド(外国人観光客)の割合が高め

2020年開催予定の東京オリンピックへの政府施策や円安の影響もあり、昨今とても多くのインバウンド消費が発生しています。2月の春節や10月の国慶節はもちろんですが、通年を通して多くのアジア観光客の方が沖縄を訪れています。ラグジュアリーブランドでは現在70%越えるインバウンド比率となっている店舗もしばしば見受けられ、中国語対応できるスタッフを配置したり、中国語専用のPOPやVMDなど柔軟な対応の出来るスタッフが売上を分けています。

ハイシーズン(5-10月)の販売が大事

インバウンド消費に依存することは景気に左右される環境を作っているということになります。あくまでもベースとなるのはハイシーズンの国内需要です。地元もしくは国内のお客様との良好な関係構築が安定した売上基盤を生み出していくということを認識し、計画することが重要です。

首都圏/東京エリアとの流行の違いに注意

沖縄では首都圏エリアとの流行に違いがあります。東京で流行っているブランドをそのまま沖縄に持ってきても必ずしもヒットしません。逆に東京では既にブームが去って落ち着きを持たれているブランドが爆発的に流行したりと地域特性を見極める必要があります。

首都圏/免税店・ブランドショップとの出店バランスに注意せよ

日本国内唯一のDFSとアウトレットモールなどには重なって出店しているブランドがいくつか存在します。しかしながらDFSはアジアリージョナル管轄であり、日本管轄の他のモールとは商品のお直しや返品などでルールが異なるケースがあります。出店時には競合などのバランスも含めて計画することが重要です。

スタッフインタビュー

ケーススタディ

弊社サービスをご導入いただいたブランド・ショップ事例をご紹介します。
詳細な情報についてはお気軽にお問い合わせください。

ご依頼までの流れ

お問い合わせ

売上/販売計画、人員計画についてのご提案&お打ち合わせ

契約

売上/スタッフ教育計画の策定

スタッフ選定

リーダー研修、スタッフ研修

販売代行業務スタート

売上/販売目標達成状況の確認・改善

関連するページ