スタッフインタビュー

沖縄地区セールスアソシエイト

Takehara Shunsuke

チャレンジングな組織風土を体言。
自らが示す無限大の可能性。

沖縄地区セールスアソシエイト Takehara Shunsuke

ラグジュアリーブランドのエキスパートへ

前職では他の販売代行会社で販売員としてインポートブランドを担当していました。
Takeofferに入社し、沖縄地区のセールスアソシエイトとして日々経験を積んでいます。

沖縄地区セールスアソシエイト Takehara Shunsuke

人材育成に差が出る代行会社

店舗数、スタッフ数を増やす事を優先し人材育成が進んでいない為リーダーの育っていない現場が多く見られます。
特に沖縄県外の代行会社に比べ県内の代行会社は、販売員、リーダー、共に人材育成面でかなり遅れを取っている状況だと思います。

沖縄販売員の可能性

沖縄出身のわたしからみると、沖縄の人は現場の雰囲気を大事にする人が多く、仲間意識の強い県民性が仕事にも出ています。
しかし受動的になりすぎる事も多く見られるので、1人1人が自発的に提案をする癖をつけていくと沖縄の販売員全体のレベルアップに繋がると思います。

出る杭を歓迎される企業風土

Takeofferはスタッフ同士の仲が良く、担当ブランドの枠を超えチームとして団結しています。
個人の意見をしっかりと組み上げてくれる上司のサポートもあり、個性を伸ばしていきやすい会社です。
Takeofferは人材育成に凄く力を入れている会社です。販売員としてのスキルはもちろんですが、人としての成長も図ることが出来る環境に恵まれています。

自らのアクションでプロジェクトリーダーに

これからは今まで以上に多くのお客様に楽しんで頂けるよう販売員として日々スキルアップを目指すと共に、自分の特性を生かした意見、アクションを続けていく事でTakeoffer沖縄エリアのプロジェクトを活性化していけたら良いなと思います。

Takeofferへ応募しようと考えている皆さんへ

Takeofferは人材育成に凄く力を入れている会社です。
販売員としてのスキルはもちろんですが、人としての成長も図ることが出来る環境です。
仕事を通して一緒に成長していきましょう。

その他のスタッフインタビュー